スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに…JYJの仮処分申請について思う。そして、変わらずにあるということ。

T-yuno 
ああ、もしもこの愛に形があれば
伝えられるのに…
偽りのかけらも 無かったことを
(浜田省吾 陽のあたる場所)






アンニョン!

親愛なる友人の皆さん、いい週末ですか?
連休でお出かけの方もいらっしゃるでしょうね。 


JYJのトラブルはまた訴訟沙汰ですか…

最初からどうも現実味が薄いイベントだとは思っていました。

そもそも“コンプライアンス”(どの口が言う、と突っ込みたくなるが)を振りかざして
彼らを活動休止させたavexが黙って見ているはずがないでしょう。

それくらい予測できなきゃ、相当脳天気で無能なプロモーターですよ。


現実と折り合いを付けて結果を出すのが
社会の秩序でありルールなんです。

「いいことなんだからいいじゃないか」

そんな子どもじみた言い分が通るわけがない。


それに、チャリティに規模の大小や金額の多寡は関係ありません。

泉谷しげる氏が出された義援金は“ロック”にかけて6万6千円でした。
要はそこに信念があるどうか。
大切なのは、被災地と痛みを共有するという意志と想像力です。


どんな形でもいい。
なぜ自由な活動が保証されているはずの韓国でやらなかったのか。

いかに善意の催しであろうと実現しなかったら意味がない。


直接思いを届けたいとか
日本でやる事に意義があるとか
様々なエクスキューズがついてくるんでしょうが…



要は、日本でJYJのイベントをやりたい。

そういうことじゃないですか。

ベク氏が28日に出したコメントに
この公演を“JYJ日本活動のスタート信号ととらえてほしい”という
文章があるのはその露われでしょう。

コメント全文はコチラ


それにしても、驚くほど情緒的な文章です。

契約に関する問題や施設利用許可をめぐる経緯を
ざらっとひとからげに「圧力」という一言でくくって

“不当な外圧”と戦う“私とJYJ”…という二極化の構図。

まるでデジャビュのよう。

あの“SMイコール悪の帝国vs奴隷契約と戦うJYJ”という思考停止、バカの方程式。

複雑な事情が絡んだ問題を無理やり二極化し、単純化して見せる。

これは歴史が証明する、誰かが何かを隠したい時によく使う手です。
アメリカの某大統領もそうでしたね。悪の枢軸国とか…

そして一度上手くいった手は何度でも使う。


ベク氏コメントの文章は後半部分になるとチャリティは完全に脇へ置かれてしまって
イベントを実現させることのみに論旨が偏っている。

そしてなぜか、劣悪な条件の開催になってもいたしかたがない、理解してくれという
謎のエクスキューズ。


もうすでに何かシナリオがあるんでしょうか?


avex側からもリリースが出ていますね。

コチラ

2010年「東方神起」活動休止を発表しながら
当のC-Jesを通じてJYJと契約を結び
ファンが混乱するさなかに3人でドームライブツアーを開催し、
a-nationに出演させ、アルバム、DVDを次々と発売した。

幹部がベク代表と蜜月だったのは、ツイのだだ漏れで周知の事実。

代表の前歴を知らずに契約した?

それは災難でしたねお気の毒に… なんて
誰が思いますか。

その上今度は訴訟を起こしたメンバーの兄と契約を結ぶとは…
こちらも複雑怪奇で、一般常識に基づいた理解を超えているようです。


 
公演開催妨害の疑いということは、営業権の侵害ですかね。

avexのアリーナ施設への働きかけが不法行為に当たるかどうかが
焦点になると考えられますが…

東京地裁はどんな判断を示すでしょうか。


いずれにせよ、これは利害の衝突。
訴訟に発展した時点で被災地支援の名分はどっかへ行ってしまったということです。

どっちもどっち。

どういう結果になろうと、これは勝者のいない泥仕合でしょう。



そういうことで、双方ご勝手にという感じなんですが…
無関係というわけにいかないのが、本当にヤレヤレです。



気になるのは、avexのスタンス。

当社はJJYが上記状況を全て把握しているとは考えていない。
JJYが事実関係と当社の真意を正しく理解することを願う。


相変わらず、JYJはモノの分からない子ども扱い。

そこまで自分たちの置かれている状況を理解していないのでしょうか?

大人の事情、なんて都合のいい表現が適当なトシでもない。
もういい加減にしっかりしたらどうなのか。

その相も変わらぬ未熟な姿勢が無用の混乱を招き、ファンを傷つけ
「東方神起」を守るユノとチャンミンに迷惑をかけ続けている。


それと、もっと気になるのは…

JJYを再びマネジメントできる環境が整うことを切望し
東方神起のアーティスト活動再開に向けて全力を尽くす。

と、結んでいること。

なぜかこれだけはずっと一貫している。

JYJがSMに勝訴したら、C-Jesとの契約は担保されるわけじゃないですか。
どちらにしても3人がベク代表と切れない限り永遠に答えは出ない。

「東方神起」のアーティスト活動再開に全力を尽くす…という
とっくにカビの生えた、絵にかいたモチ。

このパラドックスにいつまで拘るのだろうか。

ただの辻褄合わせの建前ならいいのですが…
松浦社長のツイを見ていると、この流れをなぞっているように見えるんですよね。


再始動した「東方神起」はコンプリートでないと言うなら
こんな失礼な話はない。

ビギストも中途半端で機能しない状態が
これからも続いていくということになる。


願わくば…

現実に合ったスタンスに組み替えてスッキリさせてほしいものだと
ファンとしては切望するのですが、どうでしょう。




情報探していると、あちこちで「二幕」という二文字に出会います。
これは、冷たい言葉ですね…



現実は優しくないね。

それでも変わらずにあることが、どれほど素晴らしいことか。


(HarukaCB様)

凄い歓声です…
やっぱり、ライブはいいね。

5集アルバムで結果を出した充実感がうかがえる。
もうキレッキレですよ。

カッコ良さに惚れ惚れします。

よそで見たんですが、
曲間にチャミのインカムか何かをユノが指で直してあげる麗しい場面があったとか。



(動画:AyakoMuro様)

綺麗ですね…

もう、ほとんど完成された感じ。
唯一無二の「東方神起」がここにいる。



思うままに書き綴ってみたものの…
結局、いつもの結論に辿りつくようです。

努力しつづけるという、変わらない約束。
それを迷うことなく信じられる幸せ。

二幕、なんて言葉は要らない。

偽りのないその優しさの中で
「東方神起」は、過去も未来もずっとここにいるのだから。

2人を応援できることを、本当に心から誇らしく思います。








ブログランキングに参加しています。
よろしければポチっとひと押し、あなたの力を分けて下さい…
 ↓ ↓ ↓
   
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

るにるに

Author:るにるに
ユノ・ユンホ溺愛ブログへようこそ。

生涯一ユノペン。
群れない、媚びない
ユンホの歩む道のりを信じて見守り、応援するのが願いです。

どうぞごゆっくり。
あなたにお会いできて、とても嬉しく思います。



【コメントについて】
丁寧なお返事を心がけていますが、遅くなることがあります。
非公開コメントへのお返事では原則コメントの内容は公開しませんが、難しい場合は一部公開することがありますので、ご了承くださいませ。

カウントダウン
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。