スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬に咲くバラ。U-Know.Yonho 全知と無知の間。(『Water lily』クァッヤン様の記事によせて)

wr-3 
だけど、それらの出来事をどういう形で人生の一部に加えるかは
あなたが自分で決めること。
『サマータイム・ブルース』 サラ・パレツキー



アンニョン!
親愛なる友人のみなさん。

MAMA授賞式、Gyaoで視聴してました。

ヒョンスンの濃厚なリアルKissに、のっけから度肝を抜かれた…^^;
4時間の長丁場を飽きさせない華やかでダイナミックな演出でした。
結果はこちら。
http://mama.mnet.com/en/winner2011.asp

オーラスでAlbum of the Yearがコールされる直前
客席から「トンバンシンギ」コールが沸き起こるのが確かに聞こえた。

あの場にいたら、きっと私も一緒に叫んでいただろう。

でも最後まで見届けてウィナーの顔ぶれ見てたら…
不思議と気持ちが落ち着きました。

あの中で何か一つ賞を取ったところで、やはり違和感がある。
東方神起のフィールドはもうここにはない。
そう考えて、気持ちに区切りを付けました。

積み重ねてきた努力が無駄になるのは
自分がそう考えた場合だけ。

ユノとチャンミンの大きな力になるために、
ファンが心を一つにした思いはきっと届いているでしょう。


私の親愛なる友人、Dizjakiさん。

韓国のユノペンブログ『Water lily』クアッヤンさん(Apollon26)の記事を
ご本人の快諾を得て、日本のペンのために訳してくれました。

ユノはニュース記事で「ユリのような男」って呼ばれたことがある。

haru-y 

カシちゃんは「リリー」って呼んでるらしいから…
タイトルのlilyはユノのことなのかな…?

ネット上でユノが酷いバッシングをされた時も、
感情的にならず、事実に基づき一つ一つ冷静に対応された方で
でも、ユノに関してはとても乙女な方だそうです。


素敵な記事です。
ユノペンとユノが大好きなチャミペンのみなさん、ぜひお読みください。
(※Dizjakiさんの文章を尊重しながら
日本語表現に馴染むよう、管理人が少し手を加えています)


『ユノ・ユノ 全知と無知の間』
blog name-Water lily
blog 管理人-クァッヤン(apollon26)
記事URL-http://blog.naver.com/apollon26/130104646724

デニアン(グループGodのメンバー・ソロ活動中)
“東方神起ユノユノ、境地に達した!”
http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=700100&g_serial=264123


デニアンは東方神起のユノユノを絶賛した(省略)
特に、東方神起のユノユノに褒め言葉を惜しまなかった。

“ユノユノは本当に表情や目つきが凄いんだ。
どんな風に首をまわしてどんな風にポーズを決めたら観客が惚れるのか
全て分かっているようだ”

2007年東方神起3集タイトル曲「O・正・反・合」が発表されて間もなくの頃である。

22歳(満20歳)の時すでに先輩から絶賛されたユノユノの舞台は
miroticからWhyに至るまで絶えず進化を続けて来た。
存在感はさらに増して、
舞台を持って遊ぶ(ニュアンスとしてはドSなユノの姿を現している感じです)能力を
欲しいままにした。

振付を追うだけで精一杯になってしまいそうな「Why」「MAXIMUM」ですら
思うままに、その場の空気に合わせて自由自在にアドリブを入れてしまう彼の姿を
注意深く見ているペンなら分かると思う。

まるで実力派の歌手がその日の気分でアドリブを入れるように
ユノは全体の振り付けを壊さないラインで
それぞれのステージを特別に演出するブリッジを入れる。

例えばこの「MAXIMUM」の舞台でユノユノペンが惚れなおしたマトリックスブリッジ。

wli-1

チャンミンとチェンジする場面でこのブリッジを入れることにより
パフォーマンスに緊張感を与えると同時に、ステージへの集中を一気に高めている。

ステージごとに少しずつ変化をもたせて
同じ曲でもペンと視聴者にいつも新鮮な楽しみを届けてくれるのだ。

そういうわけで、ユノユノは“舞台上の君主”というニックネームにふさわしい。

どうすれば観客が自分に集中してくれるのか
どうすればより舞台の上で自分を魅力的にアピールできるのか
どうすれば曲のイメージを観客により正確に伝えられるのか…

よく分かっていて、それを実現させる力を本能的に備えている。
舞台で自分の魅力を最大限に見せる術を知りつくしている。

そういう意味では、ユノユノは“全知の男”である。

しかし、その反面…


ユノユノはなんにも知らない男でもあるのだ。

「天然ミルタン※だ」と、ヒョンを称したチャンミンの言葉を借りれば

 ※若者の隠語。ミルは押す、タンは引く。男女の心のゲーム。
 playboyなんだけど本人は天然だから分かっていない、というニュアンスです。

舞台の外のチョン・ユンホは自分の行動が女性にどう受け止められているのか
全く理解せずに行動しているらしい。

しかし女は、このユンホの無心な行動にやすやすと堕ちてしまうから問題なのだ。

ユノいわく
「僕は本当に分からないですよ。本当に」
(あなたはそう言けど…その姿が女心を虜にしてしまうのよTT)

チャンミンがいろいろな番組で何度も言ってるように
女性から数え切れないほどプチ告白を受けているにも関わらず

本人は“明らかな告白”でなければ
女性が作業(誘惑する、という意味の少しふざけた表現)をしかけてきても全く気づかず
自分の行動がどう受け止められているのか…
“本当に”分かっていないこの男。

そういう意味では、チョン・ユンホは“無知の男”だ。

どうすれば自分を魅力的にアピールできるか知りつくしている舞台の上のユノユノと

自分の行動が異性にどう受け止められているのか全く分かっていない
舞台を離れたチョン・ユンホ。

到底相容れないはずのこの両側面が
ユノユノ、チョン・ユンホという一人の人間の中でうまく調和していて
ユノを愛するペンは、そのギャップの虜になってしまう。

この男、どうすればいいの…TT

wli-3

俺のステージを観た貴女…いいのかい?
俺なしじゃいられなくなるよ。

自信に満ちたこの男と、 

wli-2 

8年も芸能界の荒波の中に身を置いていながら
 
今もなお、映画のような恋を夢見るらしいこの男は同一人物だというのだから…
全く、驚くほかはない。




クアッヤンさん、Dizjakiさん、ありがとう!
100%、まるごと共感です。
 

僕は、自分の気持ちを気づかれないように
相手に尽くすと思います。
そしていつか自分の方を向いてくれることを願うタイプだと思います
(WHAT'sIN 05.5)

昔からの悩みだけど、女性の気持ちがわからない(ViVi'10.4)

ひっきりなしにアプローチ受けても全く気付かず…
こんなこと言ってるなんて。

なんて可愛い人…

あぁ本当にユノが大好きだ…TT
あらためてそう思わせてくれる文章。
繋がり合うシンパシーに、心がほっこりしました。

王のように傲慢で、赤ちゃんのようにイノセント。

全知と無知の間から生まれる尽きることない情熱
ユノペンはよく知っていて、
変わらない気持ちで愛してる。

カシオペアもビギストも想いは同じ…

今までもこれからも、私たちは何も変わりませんよね。

さあ、元気出していきましょう!



『Winter Rose』届きましたか?

硬質で澄んだ冬の空気に映える
ダイヤモンドダストのように煌めくメロディー

キレイに溶けあうハーモニーには
困難を乗り越えてきた強さがある。


Winter Roseは固有名詞じゃなかった。

wr-4

冬に咲くバラ。

冷たい雪に覆われてなお、心を温めてくれる尽きない情熱…

カムバックの年の終りに、なんてすばらしい贈り物だろう。

頂点はまだまだ先…
でも、道筋は見えている。

新たな道程を一緒に歩いていける私たちは
とても幸せだと思います。







紅白歌合戦出場、正式決定おめでとう!!

kohaku-1 

11/29付けオリコンデイリーランキング2位!

20111129or 
1位 BIRTH KAT-TUN 82,175
2位 Winter~Winter Rose 東方神起 76,615

全然、いける数字です。
ウィークリーはぜひ頂きましょう。

 
Amazon.co.jp




ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援してくださったら幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

るにるに

Author:るにるに
ユノ・ユンホ溺愛ブログへようこそ。

生涯一ユノペン。
群れない、媚びない
ユンホの歩む道のりを信じて見守り、応援するのが願いです。

どうぞごゆっくり。
あなたにお会いできて、とても嬉しく思います。



【コメントについて】
丁寧なお返事を心がけていますが、遅くなることがあります。
非公開コメントへのお返事では原則コメントの内容は公開しませんが、難しい場合は一部公開することがありますので、ご了承くださいませ。

カウントダウン
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。