スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Diamond in the dirt.

ずいぶん間が空いてしまいました。
久しぶりに更新します。

『WITH』は今回、3パターン全部買いました。

DVDが良かったですね!

『Spinning』のオフショで、即興でマーチングバンドとコラボを思いついたり
iPhoneの小さい画面でダンスのインパクト確認したり、
ユノのプロ意識の高さを垣間見られて、また惚れ直しましたよ~…

本編フルも素晴らしくカッコいい映像で、
「みなさんの心に永遠に残るように」って言ってるのも、全然大げさじゃないね。


『Chandelier』のフルバージョンを繰り返し何度も見て、
オフショで二人の言葉を聞いて、表情を見ていたら
胸の奥にたまっていた複雑な思いが、溶けるように消えてしまった。

泣かせようなんて、これっぽっちも思ってないね…

自分のことだけを考えない
歌う時はいつも「伝える」ことを大切にしてる。

極力ビブラートを抑え、ありのままの気持ちを心をこめて歌う誠実さに、胸がいっぱいになります。

逢えない時間は今は想像もできないけど
先の見えない活動休止の頃の方が、きっと何倍も辛かった。

辛いというなら、ステージを離れる方はもっともっと辛いでしょう。

どんな時でも、何があっても
変わらない気持ちで「おかえり」と言うから
何も心配しないで笑っていてほしいな、と思う。


『Sweat』のダンスバージョンは正面の固定カメラで
ダンスがしっかり見られてお得ですね。

『Time works wonders』のすっきり額を出した
アジアンビューティーな長め黒髪ユノの美しさったら…

エイネのバックステージは、あぁこの頃ムソクを頑張ってたんだな~…と、
あの時は本当に大変なスケジュールだったのに、
リハから全力で、笑顔も本番さながら
疲れてる時ほど元気を出して、明るく現場を引っ張るユノの姿に泣けました。



ダンス曲が減ることもなく、湿っぽさもなく
ずっしり聴きごたえのあるアルバムで心底ほっとしましたよ。

『Refuse to lose』から『Spinning』は上がるな~…

Are you ready?

力強い言葉をこれでもか!と畳みかけてガンガン煽る…

We are TVXQ dangerous

“知ってるかい オレたち危険だぜ…”

こう来なきゃ!!と思ったね。

gentle eagle はキレイな姿に毒を秘め、一度ハマったら脱出不能。


『Spinning』の歌唱はほんとに大好き。
最後のサビ前の抜け感のあるファルセット
You 焦らさずに見せてよ…の艶のある声がたまりません。

『Believe in U』は井上さんらしい「人生の応援歌」なんだけど
シンプルなメロディーを肩の力を抜いてのびやかに歌い上げてて、すんなり心に入ってくる。

『surisuri』は訳詞が滑らかに馴染んでて、気持ちよく聴けますね。

『Time Works Wonders』と続くと、ソウルフルで優しい歌声の心地よさに
寝る前に聴くとつい、ここで寝てしまうというね(笑)

『DIRT』は一転してハードなロック調で
イントロの重いギター音に(コンちゃん♡)ちょっと『Beautiful You』思い出しました。

誰もが心に持つ、暴れる獣を飼いならすような激しい感情を歌ってて、
狂おしいなかにもクールなしたたかさを秘めてるのが、スタイリッシュでトンらしいかな。

『I just can't quit myself』

これ好きですね~…
ただイケイケじゃなく、どんな時も下を向かない前向きさを感じます。
インタビューでも言ってたけど、ユノのイメージかもしれないね。

『Chandelier』で、切なさで胸がいっぱいに満たされると
『Baby, don't cry』
そのままでいいんだよ…と、囁くようにそっと包んで
癒されたら、次は『Anser』
振り回されるな、まっすぐ進め、答えはそこにある…と、
力強いメッセージが信じ抜く勇気をくれる。

『Calling』は終盤君の涙涸れても…”の後
声を重ねてドラマチックに盛り上げた高まりを、
“遥かな途の先で…”とふわっと着地させる
この優しさ、なんとも言えない安心感は、歌い手の強い意志なんでしょうね。

火照るように熱を帯びた『Sweat』から『Special one』

私はこれ、かなり好きです。

カッコいいギターから始まりますね。

ビギとカシに向けた、ストレートなラブソングじゃないですか…
すごく情熱的に迫ってくるから全然悪い気がしない(笑)

ほんとにね…ちょっとヤンチャなくらいで
こうでなきゃ、と思いますよ。

We are We are one と力強く叫んで

Remember
We are We are One
Remember…

きれいな声で締めるところが、なんとも憎いよね。

『With Love』はいかにも井上さんっぽいけど、
喜びや悲しみ、様々な思いで高ぶった気持ちがシンプルなリフレインで収斂していく穏やかさは
ライブのクロージングに相応しいんでしょうね。


ボーナストラックの『Christmas is loveing』がまたいいんですよ~…

ユノの声がね…ユノペンにはたまらない。
包み込むような優しさがあふれてて
こんな歌い方ができるんだ…としみじみ感動した。

素敵なクリスマスプレゼントでした。



『TONE』以来かな…
久々にA・B・C全部揃えて正解でした。

『TIME』と『TREE』はそんな気持ちにならなかったので
やっぱり何か違ってるんだと思う。

セールスも伸びてますね。

初週23.3万枚

ツアーを控え、プロモはこれからだから伸び代は十分、
間違いなく記録を塗り替えるね。

ちなみに『TREE』がオリコン年間13位265,013枚

ちょっとgaonのぞいてみたら、
2014年上半期決算は、『TENSE』がEXOのワン、ツーに次ぐ3位の197,172枚
リパケの109,763枚を足せば、軽く30万枚を超えています。

日韓合わせて、いったいどれだけの数になるでしょう。

本当に、凄いことです。
2人の選んだ道が間違っていなかったことを証明したと言っていい。

『Why? Keep your head down』でJYJと決別し、
ユノとチャンミンは文字通り血のにじむ努力を重ね、
2人にしかできないパフォーマンスを創り上げてきました。

『Catch Me』『Humanoid』『Something』『surisuri』

世界を驚かせ続けるKing of SMPは、圧倒的な力で完全に、過去の5人を超えた。

東方神起のSMPは新たに生まれ変わって
5声のハーモニーはもう、過去のノスタルジーにしか存在しない。
見たいと望むものにアーティストの意志が抜け落ちていれば、
それはハタ迷惑な妄想に過ぎません。

トンペン、3人のファン、いまだに5人を望むファン、
彼らの存在で利益を受ける人々、所属事務所

どんな立場で彼らと関わるにしても、
この事実の重さを受け止め、きちん理解するのが
東方神起という希有なアーティストに対する最低限の礼儀でしょう。



過去におきた数々の出来事を思うと、今でも心が痛みます。

あれだけ傷つきながら、同時に少しも傷つくことがなかった…

diamond in the dirt

今があるこの奇跡に、ただ感謝したい。


「ただいま」と帰ってこられる場所を守り続ける。

変わらない気持ちを、クリスマスプレゼントとして贈りたいですね。


20141224105640ac2.jpg



ランキングに参加してます。
応援してくださったら幸いです。



『国際市場』が大ヒット中で嬉しいですね~!
ユノのカメオ出演も評価されてます。
受けた愛を分かち合う姿勢は本当に変わらない。
変わらずにいる人を、私は信じ続けます。
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

るにるに

Author:るにるに
ユノ・ユンホ溺愛ブログへようこそ。

生涯一ユノペン。
群れない、媚びない
ユンホの歩む道のりを信じて見守り、応援するのが願いです。

どうぞごゆっくり。
あなたにお会いできて、とても嬉しく思います。



【コメントについて】
丁寧なお返事を心がけていますが、遅くなることがあります。
非公開コメントへのお返事では原則コメントの内容は公開しませんが、難しい場合は一部公開することがありますので、ご了承くださいませ。

カウントダウン
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2014年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。