スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『国際市場』と、「#私の宝石」。

まずお詫びからです。

いろいろ考えた結果、前記事は下げました。
たくさん拍手をいただいたのに、本当に申し訳ありません。

ブログをやっていくのに、言葉と文章をとても大切にしているので
時間をかけて何度も推敲してUPした文章を下げるのはすごく残念ですが
諸々私が至りませんでした。

記事に問題があったとは考えていないので
また次の機会にエッセンスだけ生かせたらな、と思っています。


ある事実を別の角度から見ると、知らなかったことに気づくことがありますね。
様々な視点を持つためには、いろいろなことを知ってなきゃな、と思います。

私はユノペンなので、ユノを守ることが一番大事です。

JUSTOのトレーナーを着ただけで“反日”のレッテルを貼るアンチがいるので
火種になりそうなことには極力慎重でありたいのです。
ご理解いただけたらと願います。


Twitterで今、ユノペンの間で「#私の宝石」というタグが回ってるんですが、

“『国際市場』で採集した『宝石』、ユノユノ”

という、ユノの演技と存在感を賞賛した韓国記事から取ったんですね…

20150116231331790.jpg 

誰が始めたんだろう、見てるとほっこりして嬉しくなります。

姿も心の有りようも、存在自体が発光するように輝いていて、
本当にユノという人は、ユノペンの“宝石”なんですよね。


ご存知のように、ユノは『国際市場』の出演料全額を児童福祉のために寄附しましたが、
カメオ出演で得た思いがけない多額なギャラの使い途に、きっと迷うことはなかったと思います。

寄附の記事を読んで、友達と「なんだか私たちまでクリスマスプレゼントをもらった気分だね…」と話したんですが、
その時彼女が『トガニ』見た後だから尚更沁みる、救われた、と言ってたので、私も原作を読んだんです。
(『トガニ 幼き瞳の告発』 孔枝泳/著 蓮池薫/訳 新潮社刊)

衝撃でした。

福祉施設の教職員による聴覚障害児への性的虐待、という重いテーマを扱った作品で、
2005年にユノの故郷、光州で起きた実話をモチーフにしているというのがね…

そして、あの国の教育、警察、司法の汚職や底無しの腐敗。根の深さ。
容赦無く弱者を虐げる地獄のような救いのなさに打ちのめされました。

しかしこの作品、映画化され公開されるやたちまち大ヒットを記録、
大きな反響を呼び、社会と政治を動かして、
弱者を性犯罪から守る「トガニ法」と呼ばれる法律を成立させてしまうんですね。

急速な経済成長で表向きは民主化の形を整えたが、
社会の中身は成熟していない。
韓国社会の貧富の差や社会の腐敗とどう戦うか、という
重い問いかけに真正面から取り組んだ作品で、
現実の悲惨さ、酷さと、変えようとするエネルギーの激しさや凄さ。
文化やエンタメの力とか…熱とパワーに圧倒されました。


『国際市場』は1000万人を動員するメガヒットで、
日本でも年内には公開されるそうですね。

戦後復興から高度成長までの、
日本人が生きるためにガムシャラに働いていた時期の心情と重なる、と言われてます。

勤勉と献身で経済成長の礎を築いた世代への感謝と尊敬は、
きっと国が違っても変わらないでしょう。

映画をきっかけに、あまりよく知られていない、
でも日本との関わりの深い、韓国近現代史への理解が進んだとしたら、凄いことですよね。


文化の力って、けして薄っぺらいヒロイズムや思い付きじゃない、
いいもの創る貪欲さと強い意志から生まれ、人の心を動かすことで、
意図せず結果として社会や政治を動かしていく。
それが理想だと思う。

そういう可能性のある、価値のある映画にユノがキャスティングされて
少なくない貢献をしているのは、本当に素晴らしいことだと思います。


ユノヤ。本当にあなたは、みんなの「私の宝石」だね…

2015011623131197c.jpg


何があっても傷つかない、溢れるような輝きを見ていられることを、
本当に幸せに思います。

2015011623153998e.jpg 




ランキングに参加しています。
よろしければ、応援してくださったら幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

るにるに

Author:るにるに
ユノ・ユンホ溺愛ブログへようこそ。

生涯一ユノペン。
群れない、媚びない
ユンホの歩む道のりを信じて見守り、応援するのが願いです。

どうぞごゆっくり。
あなたにお会いできて、とても嬉しく思います。



【コメントについて】
丁寧なお返事を心がけていますが、遅くなることがあります。
非公開コメントへのお返事では原則コメントの内容は公開しませんが、難しい場合は一部公開することがありますので、ご了承くださいませ。

カウントダウン
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2015年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。