スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『U KNOW Y』 その先へ。

気がつけばもう師走(*゚Q゚*)
カウンターも500を切りました。

また更新の間が空いてしまって
今年の後半は過去を振り返りつつユノ語り記事で埋めるはずが
未だにその気配はなく( /ω)

映画やドラマにうつつを抜かして怠けたわけじゃないですよー…
『サイレーン』と『無痛〜診える眼〜』にはハマったけど(;´▽`A``


菜々緒の悪女っぷりで話題の『サイレーン』は、
松坂桃李と木村文乃のキスシーンがちょいちょいありますが、

やっぱり役者なんだな。流れに必然性があって見せ方が上手い。

つい『あな注』を思い出してしまって、

うーん。つくづく私とは合わないドラマだったなぁ…。

長くペンやってりゃこんなこともありますね。
価値観は人それぞれ。私は自分を”真のユノペン”だなんて思いませんから。


思いのほかユノの露出が多くてあんまり離れてる気がしないです。

シャバにいた時より素っぽいんですよね。
動画を写真と勘違いしたインスタ映像には萌え死ぬかと思ったw

ホンジニョンさん、とても人気のある方なんですよね。

色んな方が写真や動画を挙げてくださるのがありがたくて
これも日頃の行いと人柄の賜物なんだな。


職務に誠実な姿勢を評価され、信頼を得ている様子を見ると
芸能人でなく一人の人間として成長したい、という望みを着実に叶えているようで
ユノはどこにいても変わらないんだな、とホッとして癒されます。

私はといえば、ブログも7年目に入って
続ける難しさを感じることが多くなり、
気持ちが切れたらそこまでかな、と近頃では感じてますが

まぁそうは言ってもユノペンでなくなるわけじゃないし、
誰しも好きなものを語る自由はあると思うので。


さて『U KNOW Y』

いいアルバムですよね(*^_^*)全部ユノの声なんて夢みたい。

甘かったりセクシーだったり、ラジカルに尖ったりと、トーンが多彩で、
声からハマる人もいるくらい、ユノの声は独特で魅力的です。

"パフォーマンス力"がズバ抜けてるから、
聴いてるとまるでライブの映像が立ち上がってくるように思えて
これは本当に強みですね。

象徴的なのが『T-Style』ですが、この曲はいろいろと凄くてb(’0’)d
のっけから徐々に高まる鼓動のようなバスドラに
ユノのセクシーな囁きがかぶってきて、ライブが始まる前みたいにゾクゾクします。

華やかにセクシーな曲調で尚且つ洗練されていて
いろんなテクニックを使った歌い方にグイグイ引き込まれてしまう。

ダンスの華麗な脚捌きが目に浮かぶんですよね。
ラップのパートなんか、コンちゃんカズさんと合わせてる姿が見えるようだし。

完成度が高くてこれぞ KING of SMP 、ユノ・ユンホって感じ。

本人は「東方神起スタイルです!」と言ってますが
後半はU-Styleを連呼してて
『T-Style』じゃなく『U-Style』じゃないの?みたいな。

まぁユノのいる場所が東方神起ってことなんだろうね。

かと思えば『繋がれた舟』は
哀愁を帯びた甘い声にストレートに気持ちを乗せていて、
繋がれたままどこへも行けずさざ波に揺れる小舟のイメージが
叙情的に浮かび上がってきて、これがまたすごく切ない。

一枚のアルバムでこの振り幅は本当に素晴らしいです。

『Burning Down』のMVは、ベルトプレイがカッコいいですよねー…
表現することに対して色んなアイディアが湧いてくるんだね。
最後に誰もいなくなってユノ独りで決めるところは、孤高の天才って感じで痺れます。

『Honey Funny Bunny』は言うに及ばず、
誰にも真似出来ないユノだけのスペシャルで、

『Tattoos & High Heels』は語尾が跳ねるような歌い方が
Michaelっぽくていいですね。

滑らかなファルセットが聴き心地よくて、リズム感や軽やかさに
マイケルへのオマージュを一番感じられる曲のように思えます。

『Santa Revolution』はヤンチャな明るさがユノらしくて、
『BANG!』もそうだけど
ユノはライブを意識した曲作りのセンスがとても優れてると思う。

音盤とライブが相乗効果を生み出す稀有なアーティストだから
こういう人こそソロで見たいんですよ。


待望のソロアルなのに限定発売なのが本当に残念です。

「ファンへの特別なプレゼント」という記事が出てましたが
綺麗事というか「欺瞞」ですよね。
そんな内向きでどうするかと思う。

某チャートによれば、アルバム『U KNOW Y』はかなりの健闘ぶりで
初週のPC取り込みデータの順位には驚きました。
ティーザー再生回数の勢いからしたら、全く不思議じゃないですが。

10曲くらいのフルアルバムにして、
DVD付きとCDのみボーナストラックありの通常版に、ビギ版の3形態で
堂々と世に問うて欲しかった。
どれだけイケるか見たかったですよ。

敢えてそうしないのは、メンバーに数字で優劣が出て内外に波風が立つのは
ビジネス的に得策じゃない、ってことなんでしょう。

再始動の時の「双子コンセプト」があまりにもハマりすぎて
「絆」というファクターが東方神起の「核」になってしまったんですね。

確かに『TONE』の時はそれでよかった。

ただ次に東方神起が戻ってくる時に
また「待っててくれてありがとう」「二人の絆」「ファンとの絆」ということになると
どこまでも内向きで、ぶっちゃけ飽き飽きなんですよ。

ウェで再始動した時に「競う時は徹底的に競う」と言ってたのはなんだったのか。

あの頃、サカナクションの山口さんをして
「ロックがエンタメに努力で負けていいのか」
とまで言わしめたのは、そういうことでしょ?

どうして二人がしのぎを削って切磋琢磨しガンガン攻めないのかと思う。

ソロ活でスキルを磨いてグループ活動にフィードバックすれば
パフォーマンスの質が上がってファン層の拡大にもつながる。

他のグループはみんなそうしてる。

「完全体」という言い方がやたら目につきますが
片方だけじゃ"半人前"ってことなんですかね。


まぁユノには「東方神起」としてこうなりたい、というビジョンがハッキリあるので

恩のあるavexや楽曲制作が素晴らしいSMと袂を分かつことはなく、
少しづつ柔軟に形を変えながら、実現を目指していくんでしょう。


ただ、その中で自身の可能性を追求する自由は当然あっていいと思う。

だってユノには、努力する才能と、持って産まれた美しさという、神様から貰ったギフトが備わってるんだから。

私はそう願っています。


20151210004213c58.jpg 





ランキングにおります。
応援してくださったら幸いです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

I Know U

 るにるにさん こんにちは。
 ベルトプレイはドキッとしました。生々しいというか・・目のやり場に困るというか(笑)でもやっぱり品が良いですね。エロい中にも凛とした美しさがあります。
 ハニバニは、ツアーの紫のスーツが良かったですね。肌なんか1㎜も見せなくてもユノはエロいですから。本当のセクシーってああいうのじゃないですか・・
 アルバムは一般に販売すればよかったと思います。日本市場で「UKNOW」で勝負すればよかた。差がついたっていいじゃないですか。例のチャートを見れば、結果は予想できますが。
 
写真のユノ。何かストーリーを感じますね。こういうのがいんだなあ・・・

進化

るにるにさん、こんばんは。
あなちゅは私にとっても「たとえユノが主演したドラマでも自分には合わないこともあるんだ」という新たな発見でした。
同時に自分にとってはそういうことは「ユノが好き」を揺るがすことにはならないんだという確信も持てました。
ユノに関わることにほんの少しでも疑問を持ったり否定的気持ちになったら、ユノペンとは言えなくなってしまうんじゃないかという恐怖は味わいましたが、
そんなこと軽く吹き飛ばしてくれる魅力がやっぱりユノにはあるんです。
ただユノが好きなだけでもユノペンです。
だってユノは決して離してくれません。
私の俳優ユノへの想いが消えたわけではありませんし、アーティストとしてはユノ以上は絶対いないと思います。
U KNOW Yには度肝抜かれました。
常に想像を遥かに超えてくることはわかってましたが、
ギャ〜ッ、ヨダレ涙でした。
T-Style初めて目にした時はハニバニほどのインパクトがないと思ったのに、歌もダンスも洗練されてて軽やかで華やかでどことなく可愛くて、すっかり虜になりました。
東方神起のアルバムには収録されててなかつろたですものね、嬉しかった。
繋がれた舟はユノの歌声ユノの優しさを堪能で涙ですよ。
ベルトプレイもユノにしか許されてないレベルですドキドキするのに綺麗で品が逢ってますが、ユノプレイです!
BANGも最初より好きが増してきます。
ユノの才能って計り知れないです。
「全部ユノの声なんて夢みたい」で思い出しましたが、
再始動後から他のアーティストとの合同ライブに行く度に、
「これが全部東方神起の曲ばかりだったら夢みたいだろうな」って思ってて夢は叶いました。
全部ユノの曲ばかりのライブ、いつか夢は叶いますね!
「二人じゃね」の声が聞こえてきてた中での再始動だったから、絆とか双子コンセプトは「売り」として必要不可欠だったと思います。
でもあの不安は何だったんだというレベルまで東方神起は達しました。
アーティストとして積み上げて来たものを考えると1人では半人前扱いは何て失礼で的外れなことだろうと思います。
うまく言えませんが、コンセプトとかペンが想い描いたものに頼るのではなく個が持っている力そのもので勝負して欲しい気がします。
ユノがそこにいれば私にとっては東方神起なので、東方神起という器の中身がどう変わろうと私の東方神起への想いも変わることはないと思います。
今までと形が変わるこがあってもペンを裏切ることでも嘘をついた事でもなく、
進化だと思います。

ありゃ?

申し訳ありません、恐ろしいほど誤字だらけですが、正気で書きました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちわ

U Know Yはずっと聴いています。
ユノの声は癒されるし心地よい。
どれも一つとして同じじゃない、七色の声です。
これだけでソロステージが私の中で成立します。

だのに限定は残念でした。
中華圏でも売れてるそうですね。
どういうルートかわかりませんが。カシチャン達も欲しいですよね。
2枚目も出してほしいです。

東方神起も再始動して5年経ちました。
これからは個々を磨いていくときです 。
返すがえすも、せめて1年ずらして兵役に行けば
ソロ活動もできたのにと私は思います。
それぞれのメンバの個性や才能伸ばしていってこそ
その中に東方神起があり、新たな面がみられると思っています。
涸活大賛成です。

「二人」「二人」と言いすぎる人がいますが、
二人に決まっています。
数えなくても解ります(笑)
完全体、一人では不完全なんですか。
好きなメンバを堪能できるのです。
涸活大賛成

私はホミン萌とかしないので
仲が悪くなければそれでよし。
30前の男ふたりを捕まえてホミンちゃん。
私は苦手です。
まぁ、ペンが楽しんでいるのだからいいのではないかと
そういう考え方もあるんでしょう。

昨今、ブログやSNSで
メンバ叩きや、ペンたたきが醜いです。
もはや犯罪の域です。
普通嫌いな人には言及しないものですが
心を病んでるとしか思えません。

あまりにファンが多様というか
嫌気がさす時があります。
そんなときに気持ちを上げてくれるのは
いつも大好きなユノです。

ユノが元気に帰ってくるのを待ちたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Aiさん

こんばんは!またまたお返事が遅くてすいません!
続けていくには無理をしないことだと思いまして(^^ゞいろいろな意味でね。

>  ベルトプレイはドキッとしました。生々しいというか・・目のやり場に困るというか(笑)でもやっぱり品が良いですね。エロい中にも凛とした美しさがあります。

本当にね。おっしゃる通りです(*^^)v
ハッとさせて惹きつけて、軽やかに身をひるがえして引いてしまう。
でまた追いかけたくなる…って感じ。
品があるんですよねー…
首までキッチリ覆ってネクタイ絞めていてもユノはめちゃくちゃセクシーですよ。

>  アルバムは一般に販売すればよかったと思います。日本市場で「UKNOW」で勝負すればよかた。差がついたっていいじゃないですか。例のチャートを見れば、結果は予想できますが。

予想できるから差が見えないようにしたんでしょうね。
結果が想像以上だったんじゃないでしょうか。

可能性が見えたかもしれないのに本当に残念です。

Re: ほっこさん

こんばんは!

> あなちゅは私にとっても「たとえユノが主演したドラマでも自分には合わないこともあるんだ」という新たな発見でした。
> 同時に自分にとってはそういうことは「ユノが好き」を揺るがすことにはならないんだという確信も持てました。

そうですかー…実は私、もうダメじゃないかとすら一時は思いました。
それくらい悩みましたよ。
私ほどこのドラマを理解する努力をした人間はいないとすら思う実際(笑)
あ、もう一人だけいました、もっと熱い人が。

> ユノに関わることにほんの少しでも疑問を持ったり否定的気持ちになったら、ユノペンとは言えなくなってしまうんじゃないかという恐怖は味わいましたが、
> そんなこと軽く吹き飛ばしてくれる魅力がやっぱりユノにはあるんです。
> ただユノが好きなだけでもユノペンです。

そうですね。私も結局、今までユノがくれた宝物を手放すことはできなかったです。
自分の心に問いかけて、ユノが好きだと言えるならユノペンですね。

> T-Style初めて目にした時はハニバニほどのインパクトがないと思ったのに、歌もダンスも洗練されてて軽やかで華やかでどことなく可愛くて、すっかり虜になりました。

ですよね~~~!!
ハニバニも「事件」でしたが、いい意味でアッサリと超えてしまいました。
レベルの高い日本の生バンドとダンサーがいてこそで、パフォーマンスも素晴らしいですが
音盤で聴いたらさらに素敵でビックリ。
『T-Style』異常に好きです。

> アーティストとして積み上げて来たものを考えると1人では半人前扱いは何て失礼で的外れなことだろうと思います。
> うまく言えませんが、コンセプトとかペンが想い描いたものに頼るのではなく個が持っている力そのもので勝負して欲しい気がします。

うまく言えないどころか、全くその通りじゃないですか。
初めからニコイチありきじゃねー…
磨き上げた「個」の力が共鳴し、それに感嘆してこそ「完全」と賞賛されるんじゃないでしょうか。

Re: ミ…さん

こんばんは!

なんとなくお名前に見覚えがある気がしますが、ようこそです。
不用意なことを書くもんじゃないですね(^^ゞご心配おかけしてすいません。

そうですねー…
みなさん、ユノペンである自分と、ユノは紛れもなく東方神起であるという事実の間で
様々な思いを抱え、答えを探していらっしゃるのだな、と思います。
ファンはスターを映すといわれますが、ユノペンは本当に誠実で真面目です。

心に思うことは人それぞれですものね。
そのままでいいから思いを聞かせてほしい、と言ってくださって嬉しかったです。
他にできることはないですから(^^♪

コメントありがとうございました。

Re: デグさん

こんばんは!
不思議というか当たり前なんですが、ユノペンがユノの声を語ると、みんな同じように言いますよね。
心地いい。癒される。表情が様々で魅力的。
みんな同じなんだな、と思えてほっこりします。
本当にユノペンはユノの声が好きで、それはきっと、好きになった時から、時間が経っても少しも変わらないからだと思うんです。

> 中華圏でも売れてるそうですね。
> どういうルートかわかりませんが。カシチャン達も欲しいですよね。

本当ですよね。欲しいものが買えないなんて歪んでます。
普通に一般発売されてたら、一体世界中でどれだけ売れたでしょうね。

> 東方神起も再始動して5年経ちました。
> これからは個々を磨いていくときです。

全くその通りです。世界中のどのグループだってそうしてるのにね。

> 返すがえすも、せめて1年ずらして兵役に行けば
> ソロ活動もできたのにと私は思います。

自分にとって「チャンス」だとは考えないんですかね。
もっと大きくなって、チームとして凄いことになるから
2年待ってくれとなぜ言えないのか。
私は不思議なんですよ。

> 「二人」「二人」と言いすぎる人がいますが、
> 二人に決まっています。
> 数えなくても解ります(笑)
> 完全体、一人では不完全なんですか。
> 好きなメンバを堪能できるのです。

見ればわかりますよね(笑)二人です。そこが大事なんですねー…
贔屓を思う存分見られるのにそれを望まないってのはね。

> 昨今、ブログやSNSで
> メンバ叩きや、ペンたたきが醜いです。
> もはや犯罪の域です。

凄まじいですよね。訴えるだの弁護士だの大丈夫でしょうか(-_-;)
スターにはアンチが付き物で有名税という側面もありますが
ファンは一般人ですから。
何かを批判するって、実はなかなか難しいことなんですけどね。

Re: と○さん

こんばんは!

ハニバニは5集が出た当初、音源だけですでに衝撃でしたものね。
どの曲もユノを感じるものばかりで、一般に評価される大チャンスだったのに
残念としかいいようがありません。

完全体までのカウントダウンが、相方が行ってからカウントされる…?
それって単に相方のカウントダウンじゃないですか(笑)
そういうものを作ってる人がいるってことですね。

グループが長続きする秘訣はおっしゃる通りだと思います。
自由度を上げて、本人もファンもガス抜きできるから長く続くんですよね。

Re: じ…ちゃん

こんばんは!

『国際市場』何度でも見たくなるよね。
『ベテラン』も見たいなー…要するに、魅力あるいい作品かどうかです。
そういう意味で『地面にヘディング』は完成度の高い作品じゃなかったけど
困難に負けずまっすぐに生きるボングンはユノそのもので、
ボングンを演じることでユノは困難を乗り越えることができたから
それは私たちにとっても同じなんだよね。
一般的な作品の評価とは別のもので、特別なんです。
私にとって『あな注』はそうじゃなかった。それだけですね。
第六感は当たってる気がするよ(^_-)-☆

ユノのアルバムは聞きこむほどにライブが見たくなるから
それだけでも成功じゃないかな。
観客の反応をリアルタイムで感じるライブが本当に好きなんだろうね。
ユノが幸せで楽しそうなのが想像できるから
聴きたいし、見たいと思う。
今だっていろんなアイディアや着想を毎日ノートに書いてるんじゃないかと思いますよ。

『愛すること、生きること』読みましたよ!

カルロス・ゴーンの愛読書だと知っててユノは手に取ったんだろうと思いましたが
読了して、それだけじゃない気がしました。

本当にたくさん本を読んでいるんだねユノは。立派です。

私的に、今年一番かな、と感じたのは『21世紀の脱亜論』です。オススメだよ(*^^)v

今更ジロー(/ _ ; )

何度トライしてもコメント届かず、
これで何度目のトライでせうか❓
もうすっかり最初の文面とかなり違っている箇所もあるかも…
それでもしつこくコメントさせて頂きます


ゆのの歌については良い表現が未だに思いつきません。
ツベで初めてwhyを見てから
ゆの落ちしたことは間違いないのですが(マイケルを凌ぐパフォできる人見つけたっ!
みたいな…)ツベに飛ぶきっかけとなったのは美しい隣人のドラマでした。
ドラマ自体期待してた程ではなくてTVほっちっちして
台所に向かおうとした瞬間、エンディングで流れてきた《なんで なんで なんで♪》の声に思い切り後ろ髪をひかれたのです。
今でも鮮明に思いだすのですが、後ろ髪をひっつかまれて
勢い良く首を回された感じ
と申しましょうか…
兎に角物凄い破壊力でした
これ誰っ‼️ってエンディングをガン見してましたよ
東方神起ってこんな風に歌えるのかと…
そのあとトンペンになって
からもエセゆのぺんとかアンチとかが好き勝手なことを言っていましたが、ゆのの歌に対して私のもつ見解はビクともしませんでした。
ゆのの歌の世界は技術的に
上手いとか下手だとか
そんなレベルで評価されるものではないと直感で感じた
からです。
上手く言えないので、
力説すると、なんかの宗教
みたいやな〜と茶化され
ますが…(⌒-⌒;
そんなこんなでゆのソロ
聞いたら他にうつれなくなっちゃって、もっといろいろ
聞きたいなとと欲ばかり
でますね。
パフォもこれ以上はもう空飛ぶしかないなんて言ってたけどベルトプレイとかまだまだ
引き出し沢山あるじゃんか〜
(;゜0゜)
小道具ひとつもたせただけで
100通りのプレイを考え
つくんじゃない?って思います。
枯渇することのないアイディアを待つ楽しみもゆのぺんの
醍醐味ですかね〜〜


あなちゅーもやっと最後まで
みることができました。
こんな風にゆのの作品を
真摯に受け止めて悩みながらもゆのを愛している真のゆのぺんさん達に頭が下がる思いです。
私ごときは、相変わらずゆのを客寄せパンダ的な使い方
しかできない韓国ドラマ界
(そんな括りでいいのかわかりませんが)に憤りながらも
国際市場のような作品に
出会えるまで辛抱強く待たなくてはならないのかな、
なんてあきらめの境地なんですが…
なんかうまく纏まらない
コメントになってきたので
今回はこれにて…
次回に続きますm(__)m







Re: woonoさん

> 何度トライしてもコメント届かず、
> これで何度目のトライでせうか❓

え???そうだったんですか('◇')ゞ
ごめんなさい~~~
NGワードが引っ掛かったのかな??

『美しい隣人』ですね。懐かしいわぁ…
再始動、日韓同時攻略、ドラマ主題歌決定、とトピックが続いて
夢のような日々でした。
ユノタイム!が日本のプライムタイムで流れましたからね。

> ゆのの歌の世界は技術的に
> 上手いとか下手だとか
> そんなレベルで評価されるものではないと直感で感じた
> からです。

その通りですね。
楽曲の世界観を理解し、声と体で余すところなく誠実に表現する姿勢が
ユノを特別にしているんだと思います。
才能豊かな表現者なんですよ。

> あなちゅーもやっと最後まで
> みることができました。
> こんな風にゆのの作品を
> 真摯に受け止めて悩みながらもゆのを愛している真のゆのぺんさん達に頭が下がる思いです。

本当に悩みましたよー…
「真の」ではないですけど、そう思っていただけたら救われる気がします。

> 相変わらずゆのを客寄せパンダ的な使い方
> しかできない韓国ドラマ界
> (そんな括りでいいのかわかりませんが)に憤りながらも
> 国際市場のような作品に
> 出会えるまで辛抱強く待たなくてはならないのかな、
> なんてあきらめの境地なんですが…

そうですね。ユノがいわゆる「韓流商法」の真ん中にいるのは事実ですから。
まぁ私は「ハングククォリティ」にはビタ一文使いませんけどね。
コメントありがとうございました。
プロフィール

るにるに

Author:るにるに
ユノ・ユンホ溺愛ブログへようこそ。

生涯一ユノペン。
群れない、媚びない
ユンホの歩む道のりを信じて見守り、応援するのが願いです。

どうぞごゆっくり。
あなたにお会いできて、とても嬉しく思います。



【コメントについて】
丁寧なお返事を心がけていますが、遅くなることがあります。
非公開コメントへのお返事では原則コメントの内容は公開しませんが、難しい場合は一部公開することがありますので、ご了承くださいませ。

カウントダウン
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。